リレー・フォー・ライフとは

リレー・フォー・ライフは、米国American Cancer Society(ACS, 米国がん協会)の活動の1つで、がん患者、患者家族、遺族、広く一般の人々が参加するイベントです。 1986年米国ワシントン州のある医師の発案で始まり、今は北米だけでなく、世界各地に広がっています。 

詳しくは、米国American Cancer Societyサイト内リレー・フォー・ライフのページにあります(英語)。 別項にて日本語で概要をご紹介しますが、まずは、リレー・フォー・ライフを日本語で紹介しているサイトをリンクします。 

2005年6月のNHKの番組内で紹介された、米国での実施例:
シュウさんのブログ2005年6月2日の記事より---ACS(アメリカがん協会)やリレー・フォー・ライフの様子(NHK番組より)など。

2005年4月、ニュージーランドでのイベントに日本人学生が参加したときの様子:
アオテア・メール4月号

米国・英国などでR.F.L.に企業として参加している例:
AT&Tシンガポール駐在員のコラム 末尾の段落にR.F.L.のことが書かれています。 日本展開を検討中とのこと。
[PR]
by happasampo | 2005-07-24 00:00 | RFLinUSA


<< ACSとリレー・フォー・ライフ ACS(米国がん協会)とは >>