ACSとリレー・フォー・ライフ

ACS(アメリカがん協会)については別項参照。

ACSは、一般の人々がいろんな形で参加できるような活動プログラムをいくつか用意しています。 リレー・フォー・ライフはその1つで、広く誰でも参加できます。 他に、乳がんに関するもの、バスケットボールのコーチ対象のものなどがあります(→こちら)。

ACSはその名の通り米国の団体で、米国内各地に支部があります。 米国内各地で行われるR.F.L.はそれぞれの地域のACS拠点を通じて収益を寄付する形になっています。 
がんについての理解を広めたり、がん体験者・家族・遺族と気持ちを分かち合ったりするためのものであると同時に、資金集め(ファンドレイジング)という大きな目的を持ったイベントです。

米国以外でのR.F.L.の場合は、その地域での、ACSに相当するがん情報サービス機関等への寄付となるようです。 また、それらの団体が、RFLの主催者(窓口)となっています。  
   注:( )内は直訳で、正式名ではありません。  
 例: カナダ→Canadian Cancer Society (カナダがん協会) 
    オーストラリア→The Cancer Council Australia(オーストラリアがん会議)
    イギリス→ Cancer Research UK (英国がん研究所)
    フィリピン→Philippine Cancer Society(フィリピンがん協会)
[PR]
by happasampo | 2005-07-25 23:36 | RFLinUSA


<< どんなイベント? その2 リレー・フォー・ライフとは >>