<   2005年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

どんなイベント? その1

いくつかの、リレー・フォー・ライフのサイトから伺える、イベント当日の様子を書いてみます。
(特定のどのサイトからというのでなく、最大公約数的なところでまとめてみようと思います)

○会場は:
    リレーですから、トラック(周回コース)のあるところがポピュラー。
    夜間のイベントなのでテント張ったりで、大学のグラウンドなど。
    室内(体育館のような?)で行った例もあり(寒い地域らしい)。

○時間は: 金曜か土曜の夕刻以前に始まり、翌日の日中から夕方にかけて閉会。
  ---24時間以内(夜通し)のイベントという特徴があり(これが、ルールなのか
    通例であって例外もOKなのかは不明)、正午から翌日正午まで、だったり
    夕刻から翌日午前中終了だったり。    

○メインのリレーの部分は、
  「サバイバーズ・ラップ(survivor's lap)で始まる」との記述がある。 
  ----想像するに、参加チームのうちの、がん患者・体験者メンバーが
    第一走者(歩く・車椅子含め)となって、「リレー」をスタートする
    ことになってるのではないかと。 

  ----チーム、というのは、リレー・フォー・ライフに参加登録する単位のようで、
    その会(開催地)ごとに、1チーム10名以上とか15名以上などとルール
    がある。

  ---「リレー」は夜通し続くのですが、「終了まで、各チーム最低1名は
    トラック(リレーのコース)にいるようにする」のがルール。

  ---「リレー」はもちろん勝敗を競うものではないけど、開催地によっては、
    余興として、タイムによって賞品を出したりするので(上位チームとは
    限らないんでしょうけど)、計時はしてるらしい。
[PR]
by happasampo | 2005-07-30 15:30 | RFLinUSA

どんなイベント? その2

○キャンドルバッグ:
  ---日没になると、トラック周辺にキャンドルを点灯して、そのあかりを
    見ながら歩く(走る)らしい。
  ---NHKの紹介シーンにもあったように、このキャンドルは、紙袋に
    がんでなくなった家族や友人などの名前を記したもので、底に
    砂を入れてキャンドルを置き、火をともすもの。
  ---上述の、室内開催となった会場では、ほんとの火は使えないため、
    懐中電灯や、グロウスティック(縁日や遊園地で売ってる、プラス
    チックの筒の中に液状の発光剤が入ってる物)で代用したらしい。

○リレーそのもののほかに;
  ---夜なのでテントを張って寝る人もいるし、
  ---NHKの紹介シーンにあったようにバーベキューしたり
  ---バンド、DJがついてたり
  ---その他、縁日やバザー、地域の盆踊りのような感じの「お楽しみ」も
    いろいろ...たとえば、ビンゴゲームとか、ユニークな扮装して歩いた
    人の扮装コンテスト(ハロウィーンみたい)とか。 
  ---会場の一角で、がん関連の展示があったり、製薬企業などが参加して
    ちょっとした検診?のようなことをしたり...
[PR]
by happasampo | 2005-07-30 15:28 | RFLinUSA

ACSとリレー・フォー・ライフ

ACS(アメリカがん協会)については別項参照。

ACSは、一般の人々がいろんな形で参加できるような活動プログラムをいくつか用意しています。 リレー・フォー・ライフはその1つで、広く誰でも参加できます。 他に、乳がんに関するもの、バスケットボールのコーチ対象のものなどがあります(→こちら)。

ACSはその名の通り米国の団体で、米国内各地に支部があります。 米国内各地で行われるR.F.L.はそれぞれの地域のACS拠点を通じて収益を寄付する形になっています。 
がんについての理解を広めたり、がん体験者・家族・遺族と気持ちを分かち合ったりするためのものであると同時に、資金集め(ファンドレイジング)という大きな目的を持ったイベントです。

米国以外でのR.F.L.の場合は、その地域での、ACSに相当するがん情報サービス機関等への寄付となるようです。 また、それらの団体が、RFLの主催者(窓口)となっています。  
   注:( )内は直訳で、正式名ではありません。  
 例: カナダ→Canadian Cancer Society (カナダがん協会) 
    オーストラリア→The Cancer Council Australia(オーストラリアがん会議)
    イギリス→ Cancer Research UK (英国がん研究所)
    フィリピン→Philippine Cancer Society(フィリピンがん協会)
[PR]
by happasampo | 2005-07-25 23:36 | RFLinUSA

リレー・フォー・ライフとは

リレー・フォー・ライフは、米国American Cancer Society(ACS, 米国がん協会)の活動の1つで、がん患者、患者家族、遺族、広く一般の人々が参加するイベントです。 1986年米国ワシントン州のある医師の発案で始まり、今は北米だけでなく、世界各地に広がっています。 

詳しくは、米国American Cancer Societyサイト内リレー・フォー・ライフのページにあります(英語)。 別項にて日本語で概要をご紹介しますが、まずは、リレー・フォー・ライフを日本語で紹介しているサイトをリンクします。 

2005年6月のNHKの番組内で紹介された、米国での実施例:
シュウさんのブログ2005年6月2日の記事より---ACS(アメリカがん協会)やリレー・フォー・ライフの様子(NHK番組より)など。

2005年4月、ニュージーランドでのイベントに日本人学生が参加したときの様子:
アオテア・メール4月号

米国・英国などでR.F.L.に企業として参加している例:
AT&Tシンガポール駐在員のコラム 末尾の段落にR.F.L.のことが書かれています。 日本展開を検討中とのこと。
[PR]
by happasampo | 2005-07-24 00:00 | RFLinUSA

ACS(米国がん協会)とは

American Cancer Society(ACS; 米国がん協会)のサイト(英語)より、

ACSとは
<引用>The American Cancer Society (ACS) is a nationwide, community- based voluntary health organization. Headquartered in Atlanta, Georgia, the ACS has state divisions and more than 3,400 local offices. <引用おわり>

訳:米国がん協会は、健康に関する全国規模のボランティア団体。 本拠はジョージア州アトランタにあり、本部と3,400以上の地域事務所を持つ。 

What we do---ACSの活動内容
[PR]
by happasampo | 2005-07-15 00:55 | RFLinUSA